adfe31e593846d43990b7ae02840077b1

ヤバイくらい簡単にプロフェッショナルなサイトが作れるStriking.lyが凄い

WEBサービス

追記:【割引コードGET!】ヤバイくらい簡単にプロフェッショナルなサイトが作れるStrikingly.comが割引コードくれた! | バンクーバーのうぇぶ屋

上記追記ですが、このStrikingly.comのデイビットさんと話をして、クーポンコード貰えたんでご紹介記事が上になりますー!

以下より本記事本文

いやー、今日まで散々”簡単にサイトが作れるん時代っすよねー”的な事を色々書いてきましたが、もしかしたらこれは今までご紹介したどんな簡単WEBサイト作成サービスよりも凄いかもしれません。

超シンプル、超簡単、超楽、超綺麗。

無料版でもそのクオリティの高さにはちょっとビックリですが、有料版にすればA/Bテストにカスタムドメインまで全然オッケーとか色々ヤバイ高機能。

例えば、こんなサイト1時間も掛からず作れちゃう。簡単だけどレスポンシブ可もされてるし。使い方も説明が必要か迷うレベルで簡単。

Striking.ly自体はまだ今年の7月にスタートしたばかりのサービスらしいですが、今後色々アップデートされていることを考えれば末恐ろしいサービスだなぁと思う次第です。

ステップ1.とりあえず登録

スクリーンショット 2012 11 08 4 09 05 AM

とりあえず登録します

ステップ2.プロジェクトを作ります

スクリーンショット 2012 11 08 4 14 41 AM

パーソナルブランディング系、ポートフォリオ系とページのタイプがわかれているので、作りたいページの内容に合わせてテンプレートを選びましょう。といってもまだ数は少ないですね。

ステップ3.テンプレートに合わせて各要素のテキストや画像を変更

スクリーンショット 2012 11 08 4 16 04 AM

左側で各ナビゲーションの項目名の変更や削除が出来て、メインの各テキストや画像の差し替えを行います。このあたりは直感で行ける所も多いかなと。出来たら、左上で「Save」して、「Publish」すれば公開できます。

他のサービスだと、この辺が日本語だとダメだったり、クセがあったりで面倒な事多いですが、こちらは全然スイスイ編集が可能っぽく、使いやすかったです。

ステップ4.オプションから色々設定

スクリーンショット 2012 11 08 4 19 54 AM

ページタイトルやリンクURLはもちろん、表示する項目の変更や、有料版であればカスタムドメインやパスワードプロテクトもかけられる。うーん、『楽に安くページを作る』って意味での色々必要そうな部分は大体網羅されてるんじゃないでしょうか?

ちなみに、無料版だと月間500ビジターまでで、2ページしか作れない制約がありますが。なんか、無料版だと1サイトまで、ただし500ビジターの制限は外れた用です。PRO版になれば下記のような特典がつきます。

  • カスタムドメイン可能
  • 5サイトまで運営可能
  • 要領無制限
  • ドメインとメールが一年フリー
  • Strikingly App Storeが利用可能
  • Mobile Action Buttonsが利用可能
  • HTML/CSS/JSの埋め込みが可能
  • Strikinglyの広告バナーが削除可能
  • 画像編集機能が使える

(2012年11月8日時点では)PRO版にしたとして月間で$16。日本円だと1000円ちょっとってとこですね。

最近はスタートアップを考える人も凄く多いので、とりあえずサイト欲しいわーって人も多いでしょうし。そういう方にこのサービスはオススメかもしれませんね。

たまにこういうサービスを紹介させて頂くと『WEB屋の仕事が無くなるわぼけぇ!』って言われちゃう事も多いのですが、僕はタダ同然で出来る事でお金を取るつもりは無いかなぁと思ちゃったりするので、やっぱりこういうサービスやツールは積極的に沢山の人たちとシェアして行ければと思う限りです!逆にこういうサービスを提案材料に使えるくらいに成らないと僕はいけないんじゃないかなぁと思っています!

以前『非WEB屋でもサイトが作れる驚異的サービス/『サイトを作る』という敷居がどんどん低くなっていると実感する物色々』という記事を書かせて頂きましたが、やっぱりWEB制作者が、とりあえずサイトを作るだけの人って認識は、もう無くなってもいいんじゃないかと思うんです。

この間、WEB系の学校に通っている人が『卒業制作にアナタのお店のページ作ってあげるからお小遣い程度でいんで$200(1万5000円くらい?)頂戴。』って、まぁ学生ならではの話を聞いたんですが、『え?今タダで作れるんでしょ?』で一蹴されていました。結局その子はタダで作りましたが。さて、この会話はこの先もまったく僕らに当てはまらないと断言出来るでしょうか?って僕はちょっと考えてしまいました。

『英語が喋れます』もそうですが、喋れるから何が出来るのかが重要なんじゃないかと。WEB制作もまた『サイトが作れます』ではなく、作れるから何を提供出来るかが重要なんじゃないかと改めて思う今日この頃です。

コメント

Pagetop