カナダのクリエイター留学ならFrog Agent!

ページで使われているフォントを調べたり、試したりする事が出来る『Font Face Ninja』が素敵!

先日、ふと気になったのですが、英語版Twitterのフォントが美し過ぎる。なんかゴッサムっぽいなと思っていたので調べようと思ったんですね。

で、始めに思い出したのが以前、ワンクリックで使用してるフォントが分かる「WhatFontTool」が便利!という記事を書いたので、これで調べても良かったんですが、前にどっかで『Font Face Ninja』という同じようなChromeエクステンションが紹介されていたのを思い出し、ついでにそっちも試してみようかなって思って使ってみたんですが、思った以上に使い勝手良かったのでここでもご紹介させて頂こうと思います。

資料からポートフォリオまで幅広く使える!キャプチャ画像をかっこ良くフレームに収める『FRAME』が超楽しい!

プレゼン時の資料や、ポートフォリオサイト等で自分の作ったサイトを紹介することってあると思います。そんな時、よく見るのがこちらのようなキャプチャ画像ですね。キャプチャ画像?プロダクトショット?なんて言うのかなこういうの。

1f1942d2 faa9 4452 bd24 f778a7f4bb3d

こんなオシャンティーなキャプチャ画像を資料なんかで使えれば、見栄えがかなり良い!てかとりあえずカッコいい!でも、Photoshopで作るのはめんどくさい…

今日ご紹介する『FRAME』というWEBサービスは、こんなキャプチャ画像を簡単に作る事が出来るWEBサービスです!

とりあえずひと通り知っておこう!2014年の気になる物を色々試してリニューアルしてみた制作の流れ!

さて、先日バンクーバーな僕らをリニューアルしました。得に特別な事をしたわけでは無いのですが、ここ最近とにかく会社の事やらシェアハウスの事やらでテンヤワンヤしておりまして、自分の制作環境の話等を書いておらず、情報が昔のままになっていたので、今日はさっきまで色々試しながらこのサイトを作ってたという事もありますし、忘れない内に覚えてる範囲で備忘録的に書いておこうかと思います。

恐らく今後もどんどん変わっていくかと思いますし、まだまだ学び途中の物も沢山ありますが、まずは参考にした物も含め共有させて頂きます。去年書いた記事と比較しながら読むとちょっとは楽しめるんじゃないかと思います。

また、このブログでは何度か触れていますが、もはや僕はクライアントのために手を動かして何かを作るという事が殆ど無くなってしまい、もはやデザイナーでもコーダーでも無いような気がするので、こういった制作記事を書く前提としてとりあえず『それが何かを知る事』と、『どれだけの時間短縮に繋がりそうか意識すること』の2点のみに注力して実験的に進めている感じになっちゃっています。

そんなのあるんだ的なレベルで見てもらえると丁度良いかなと、それでは行ってみましょ〜!

MarsEditを超えるか?!ブログエディタツールとしてシンプルで使いやすい『Blogo』が良い感じ!

こんにちわ、これまでMarsEditを使っていた僕ですが、今日はちょっとBlogoというツールを使って書いてみようと思います。

満足すればこのまま公開して、ちょっとまだまだだなと思ったら公開を止めようと思うので、もし皆さんがこの記事を見ているのであれば、恐らくかなり気にいったという事かなーと思いますので、そんな感じで!

それでは行ってみましょう!

もうシンプルアイコン探しには困りたくない!フリーのシンプルアイコンを厳選26選!

毎日英語圏のWEB系ブログをチェックしていると、毎週必ず何かしらのアイコン系の記事を見るんですよね。バンバン新しい物が出てきて、その度に『アイコン』のタグを付けてブックマークするわけですが、もう600記事近い程のアイコン関連のブックマークがあって意味分からない状況になってたりするわけです。

というわけで、今日はそんな僕のアイコン関連ブックマークの中から『シンプル アイコン』というタグで絞って、更にその中から「これはクオリティ高いなぁ」とか「凄い使えそうだなぁ」とか思った物だけを幾つか厳選して共有させて頂こうと思います!目についた物からご紹介させて頂くので順不同です!コレを機に少しずつ整理していこーっと。

数が数なので大変かもしれませんが、皆さんこういったフリー素材を使う時は必ずライセンスを確認するように気をつけてください。中にはサイトに明記して無くてもダウンロードファイルの中にReadme.txtみたいなファイルで記載されている事もありますので注意!

それでは、行ってみましょー!

いくつ知ってる?心に残るカナダの有名な広告色々!

「カナダって有名な広告とかって全然知らないですね。」という話しをこの前留学生の一人が話していたんですが、これは僕への宣戦布告とみなし、僕の秘蔵(?)のEvernoteの中からちょっと『Canada Ad』あたりでパパっと検索した物の中から僕がカナダで知った広告やCMの類を全て見てもらう事にしようと思うわけで、そんな記事を書きます!

結構日本でも話題になった物も含まれると思うんだけどなぁ。もし良かったら皆さんもこの機会にカナダの広告について色々見てもらえると嬉しいですね。※中にはアメリカのAd Agencyがカナダの企業のために作った物もあります。

ちょっと動画が思ったより多くなったので若干重いかもしれません、ごめんなさい。

それでは行ってみましょう!

低学歴が海外でのし上がる為に必要だった3つの絶対

いやー、やっと先月の東京セミナーを終えて、バンクーバーへ帰ってきましたが、最近全然ブログまともに書いてなかったので、今日はリハビリ記事です。適当に書きます(笑)やっぱ書き続けないとブログも書き方忘れますね。

っていうか、やはり夏だけで言えば圧倒的にバンクーバーの方が過ごしやすいですね。マジ天国です。ありがとう西岸海洋性気候、愛してるぜい。

ここ最近の1年間のスケジュールを見ると、5ヶ月間カナダ、1ヶ月間日本を繰り返しています。少しづつ僕の理想である夏はカナダ、冬は日本(か他の国)の生活目標に近づきつつあるのが嬉しいです。

で、いきなり話しは変わるんですが、こうやって何か目標を掲げ、実行に移し、頭擦り切れるまで考え抜いた上で実現させる一連の行動を、なぜか明後日の方向から自身でブレーキをかけようとする人たちが最近多いように感じます。『自分は〜が無いから目標を実現出来ない』的なのもそう、『分からにから〜は出来ない。』みたいなのもそう。

僕は海外いってみっかーと飛び出したのが21歳の時、生活の安定を確信したのは24歳辺りの時。家を持ち、今の会社を作ったのが27歳の時。

そういう経歴で悪目立ちしてしまったせいで、よく老若男女問わず『今に満足してない、どうすればのし上がれるか?』という類の質問をされる事が多いです。

というわけで、今日は帰ってきたばかりで暇なので、ちょっと僕自身が今日まで頑張ってきた中で見つけた、僕自身が絶対に忘れてはならないと思っている3つの考え方的な物を書いてみようと思います。毎回書くようですが、あくまでも僕の経験の中からの話なので、人によって何もかも異なると思いますし、こういう事考えてる奴もいるんだレベルで見てもらえると幸いです。

それでは、行ってみましょ〜!

オフキャンパスナビゲーションが簡単に実装出来るjQueryプラグインの『jQuery Navobile』

以前、Facebookっぽいナビゲーションをレスポンシブデザインで実装するプラグイン/チュートリアル色々という記事を書かせて貰った事があるんですが、今回たまたま見つけたNavobileというjQueryプラグインがかなり楽ちん完成度高めだったので、ちょっとご紹介させて頂ければと思います。

こう、スマフォでFacebookアプリ使う時、画面がスライドしてナビゲーションが表示されるあの動きですね。あの動きをオフキャンパスナビゲーションと言うらしいのでメモ!

それでは行ってみましょー!

スクロールすると画像がフェードアウトしていく『crossfade.js』がかっこいい

ども、今京都なんですが、日本に帰ってきてサウナかと思う程にじめじめしており、主に気候面の理由で今すぐバンクーバーへ帰りたいセナですこんにちわ。しかし、食い物とサービスはやっぱ世界一ですね。

さて、今日は最近ネットサーフィンして時間潰してねーなーと思っていたところに知った『crossfade.js』というjQueryプラグインが思った以上にかっこよかったのでちょっとご紹介。画面をスクロールすると徐々に画像がフェードアウトしていくというシンプルな物ですが、ちょっとどっかのタイミングで使ってみたいなと思いました。

ものすっごい簡単な紹介になると思いますが、いってみましょー!

グローバル時代に備えて!IT業界の英語レジュメ(履歴書)とカバーレターの書き方!(テンプレート付き)

先日、実はひっそりと僕の会社でWEBデザイナーを数名雇うつもりで求人広告を出させて頂いたんですね。それこそ、カナダで求人広告が載せられるありとあらゆるサイトへ掲載してみました。

いやしかし、人生初めて『求人を出す』という体験をしてみたんですが、面白いですね。あまりこういうネタをブログで書くのも失礼かなと思うので詳しくは書きませんが、ここバンクーバーは多人種国家なので、初めての求人で北米はもちろん、南米、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、あと物凄い地域からの応募があり、応募してくる人の国柄が出まくっててなかなか楽しい経験をさせて頂いたように思います。もちろん、中には日本からの応募もありました。

で、今日書きたいのはその求人の話云々じゃなくて、英語レジュメ(履歴書)の書き方の話。やっぱり正直雇う側としては日本人の場合、語学力の差がどうのこうの以前に、決められたフォーマットの履歴書である文化が顕著に出てしまっていて、なんかその辺のSales Clerk系のレジュメでもコピったんじゃないかというクオリティ。

とりあえず、伝わるレジュメが書けないとまずはお話にもならない!しかし、WEBデザイナーのレジュメサンプルとか、そんなゴロゴロ転がってる物じゃないし、日本語で説明してくれているのもない!

というわけで、このブログでも結構お馴染みになってきた僕らWEB屋の英作文の先生、玉さんに今日もご協力頂いて、英語がよくわからん英語レジュメ(履歴書)初心者なWEB屋の皆様に向けて、実際に北米の転職活動で使われたWEBデザイナーのレジュメ見本をここでご紹介させて頂く事にしました!

これから海外を目指す人も、とりあえずスキルはあるけど英語はちょっと…という人も、どこで必要になるかわからんので、是非参考までに見てもらえると嬉しいですね!

気に入ってもらえたら、バンクーバーでは玉さんのWEBデザイナー専用英語講座もやっておりますので、記事の最後の方でご紹介する定期開催のレッスンにも、是非ご参加頂ければ嬉しいです!それでは、行ってみましょう!

1 / 191234...最後 »