【9/16(土)京都セミナー】海外で通用するクリエイターに必要なポートフォリオと準備に関するセミナーを開催します

お知らせ

さて、だいぶ今更な告知となってしまいましたが、来週末の日曜日、9/16(土)は京都のデジタルハリウッドStudio様で海外就職のポートフォリオ及び準備に関するセミナーを開催します。

毎年数十名以上の海外就職者をサポートし続け、日本から海外への挑戦というステージで必要な事が多く見えてきましたが、やはり日本は「経歴大国」、つまりは「どこどこの会社に所属していました」というのが大きく、履歴書の内容が大事なのに対して、国外では「日本の〇〇という会社にいました」と言われても、バックグランドチェックも出来ない、前職の上司の話も聞けない、リファレンスも無い場合が多く、率直に言えば素人同然と思われても仕方ないケースが多く見受けられます。加えて守秘義務の強い案件が多く携わっていたプロジェクトの全貌が見えないという事情もあります。

また、ポートフォリオに対してのイメージが基本「作品集」で終わっているケースも多いのですが、(エンジニア、デザイナー等の)クリエイターに必要な物は、作品や制作実績だけに留まる事はないのは明白です。

チームで動く上でのチームワークはどう魅せるのか、どういう人と一緒に働きたいか、エンジニアはポートフォリオはいらないのか、経歴で証明できないのであればどう自分がチームに入った場合の『効果』を証明するのか、Frogでは業界未経験から国外就職を実現する事例も増えておりますが、その背景にはそういったポートフォリオに対する意識の違いは、やはり大きいというのが率直な感想です。

それ以外にも当然コミュニケーション、就労するためのビザの期間、リファレンスの確保など、越えなければならない壁は無数にあるのですが、今回はその中でも日本に居ながら意識する事が出来るポートフォリオという物に焦点を当て、その上で必要な心構えから準備に至るまで、いづれ世界で通用するクリエイターにと考える方々に是非実践してほしい、外国人としてのポートフォリオを意識して頂く事をゴールとしたいと思っています。

もちろん、この全ては日本国内でも十分通用するポートフォリオになるのは間違いありませんが、今回は国内の事は一旦忘れて、国外挑戦をベースとしたお話を2時間みっちりとお話してきます。

近年は一般公開するイベントも少なくなってまいりましたので、是非この機会に日本を含む、世界で通用する人材となるための第一歩として頂ければ幸いです。

お申し込みはFrogの申し込みページからお願い致します。

コメント

Pagetop