表現力は無限大!Photoshopを駆使して作る美しきタイポグラフィチュートリアル色々(壁紙ネタ多目)

フォント/タイポグラフィ

僕はタイポグラフィに関する記事は目に留まればすぐにEvernoteへ保存するようにしているのですが、意外と多いのがタイポグラフィで壁紙を作るチュートリアル記事。

日本語だとまだまだタイポグラフィチュートリアルって多くは無いと思うのですが、こういった文字とPhotoshopを使った表現力の幅の広さにはいつも驚かされます。

今日ご紹介させて頂くタイポグラフィチュートリアルは、全部個人的に印象深かった物ばかりです。「こんな美しいタイポグラフィの壁紙が自分も作れるのか?!」と興奮する物も多いでしょうし、「難しそうに見えて、こんなに簡単なのか?!」とびっくりする物もあると思いますよ!

美しいタイポグラフィや壁紙を紹介するだけでなく、作り方まで解説してくれてるなんて、どれだけ親切なんだと驚きを隠せない物ばかりですので、是非ご紹介させて頂ければと思います。

 

 

Dramatic Text on Fire Effect in Photoshop

タイトル通り、ドラマチックな火のエフェクトですね!文字とPhotoshopで作るエフェクトと言えば、僕は真っ先にこういう火をモチーフにしたエフェクトを思い描きますが、ここまでクオリティ高いものじゃなかったす!

 

How To Create Great Typographic Wallpaper In Photoshop

映画の予告みたいな壁紙ですね。純粋に表現の幅を広げるチュートリアルとして見るのも一興かと!そこまでやってることは難しくないみたいですし。

しかし、WEBデザインに合わせるとしたらどうしよう、とりあえず僕はこういうのが有ることを覚えておくに留めます。

 

Creating a Typographic Wallpaper | Tutorial9

似たような表現ですが、作り方がちょっと違う。こちらはPSDファイル付きで中を見てみた方が理解が早そうですね。

 

Create a Spectacular Grass Text Effect in Photoshop | Psdtuts+

リソース元の紹介と合わせて追ってみると面白そうなチュートリアルですね!こちらは北米デザインに多そうな写真加工による表現のチュートリアル。こういうのは提案にも使いやすそうですよね。

 

Hell of Tutorial in Photoshop

What the….って怖いわ!こちらは結構熟練度高めなチュートリアルかなと。しかし、普通にかっこいいなー。

 

Reader Tutorial: Typography Wallpaper in Photoshop

思えば、こういう表現のWallpaperは多いなぁと思うけど、それぞれ作り方は結構違ってますね。自分ならどう作るかを想像しながらチュートリアルを追っても発見があるかもしれません!

 

Create a Layered Glowing Text Effect

光の線で描いたようなエフェクトで作られた文字のチュートリアル。タイポグラフィというよりPhotoshopのエフェクト加工がメインだけれども、美しいのでご紹介!

 

A Slick Supernatural Text Effect

かっこいい!チュートリアルを流し見しても僕でもできそうですし、色々な表現方法の勉強にもなりますね!

あと個人的に、このタイポグラフィエフェクトをGothamフォントでやってみたい衝動に駆られました!細いからきついかなぁ。

 

Super Cool Frilly Bits Typography

手が込んでますねー!でも、こういう素材関連の部分から紹介してくれるチュートリアルはやはり良い。ちょっと今度何か作ってみようかな。

 

Create a Cool Wet Ink Typography Effect in Photoshop

個人的に好きなタイポグラフィとエフェクト。インクの濡れた感じってなんかいい感じですよね。←めっちゃ子供みたいな感想ですいません。。。

これは主に素材紹介になってますが、使ってみると意外と難しい…

 

How to create an impressive-looking text effect

もう2012年ですが、そんなの関係ねぇ!!…ってことで、印象的な見た目のテキストエフェクトの作り方が紹介されています!ドドーンって感じのエフェクトが印象的ですね。

 

Super Easy Pewter Style Metal Text Effect in Photoshop

スーパー簡単なメタルな感じのテキストエフェクトとして紹介されています!スーパー簡単かどうかは見る人の判断にお任せします!

 

Text Effect Quickie: Delicious Chocolate Text

やばい、チョコレート食べたい。。。そんな気分にさせる加工ですね。もしチョコレートのサイトとか作ることになったら使えるかも…

 

Transparent Glass Lettering in Photoshop

こういう透明な感じのタイポグラフィは日本でも好かれてるじゃないでしょうか?なんとなくMicrosoftっぽい印象を受けるのは背景色のせいですかね?

 

How To Create a Gold Text Effect in Photoshop

こういう宝石ブランドありそうですよね。高級感のあるテキストエフェクトのチュートリアルです!僕はどっちかといえばこういう細かいエフェクトの方が好きかもしれません。

 

Smashing Your Creative Block ? Photoshop Tutorial

正直僕は使うことなさそう…ですが、こういうロックな感じを演出するのって僕自身経験ないので、一度チュートリアル追っておくのも今後のために良いかもしれませんね。もしくは別の演出で使ってみるとか。個人的に要検討です!てかこのチュートリアル結構手間ですね。

 

Text Effect Quickies: Bubble Text

完全にテキストエフェクトのチュートリアルですね。殆どレイヤーエフェクトしか使ってないようです。これはブックマークしておくだけで良いかもしれません。

 

Create a Trendy Galactic Poster Design in Photoshop

かっちょいい!ですが、チュートリアルの方はちょっと難しそうですね。素材系はなんとかするとしても、ちょっと手間かかりそうです。でも、光の出し具合とか超簡単だし、学べることは多そうです!

 

Awesome Milk Typography Effect in Photoshop

めっちゃミルクなテキストエフェクトですね。火のタイポグラフィもそうですが、こういう実写と融合するエフェクトはなんか幻想的でいいですよね。

 

おまけ(イラレ使いの方へ)

40 Must Learn Text Effect Tutorials in Illustrator

ついでですが、僕がPhotoshopしか使わないからPhotoshopのタイポグラフィのチュートリアルで“これは!”と思う物をご紹介させて頂きましたが、イラレ使いの方は下の記事を見ると面白いかもしれませんね。イラレのタイポグラフィチュートリアルが色々紹介されてあります!

 

以上、いかがでしたでしょうか?

タイポグラフィ自体の美しさは僕の中ではどちらかというと数学的なメソッドの方が強い印象がありますが、対してPhotoshopなどのエフェクト加工はとにかく数こなすしか上達の道は無いのかなと思っているので、僕はとにかくこういったチュートリアルから様々な表現方法を学ぶ努力をしていこうと思っています。

あと、僕の周りには壁紙自作の人が結構多いんですが、これって結構会話弾みますね。

え?これ自分でつくったのー?すっごーい!(キャピキャピ」って感じで、デザイナー同士の交流の場だったり、自分のデザインに対するメッセージを壁紙にしてた強者もいました。とにかく、話のネタにはもってこいってことですね。個人的におすすめです。

僕自身、今後こういったタイポグラフィのチュートリアルとまではいかずとも、学んだことをどんどんアウトプット出来ればと思っているので、またこういった情報があれば共有していきたいと思います!後は、僕自身、Photoshopチュートリアルに関する記事を今後作っていければと思うので、またそれはどこかでご紹介できればと思います!

コメント

Pagetop